アプリ開発系フリーランスエンジニアの転職

フリーランスエンジニアがアプリ開発スキルを活かして転職するのなら、いろいろな方法があります。ひとつは一つの会社に勤務するというやり方で、これまでのフリーランスとはまた違ったスキルを求められる場合もあるでしょう。

この時に転職するときに最も注目されるのがあなたがこれまで作ってきたアプリです。アプリはいろいろな形で作っているかもしれませんが、個人で公表できるような物があれば最もいいでしょう。特に、これまで作ったものの中でどのようなところを担当したか、どのような面で苦労したか、というようなことを明確にします。自分が作った範囲や協力してもらった部分、人の手を借りたものなどは明確に分け、自分は何をやったかということは大事なことです。スキルを明確にし、アプリ開発で何ができるかを伝えることができるように準備します。ちなみに、アプリ開発の場合はフリーランスエンジニアでもしっかり働き続けていれば、その期間が問題になることはあまりありません。

あえて言うのなら、なぜフリーランスエンジニアから会社勤務をしようとしたのか、というようなことは聞かれるので、面接対策はしておきましょう。ちなみに全く未経験の人がアプリを作って転職することを考えるかもしれません。この場合でも作ったものがどういうものか、ということがとても大事なことになります。制作物やポートフォリオがしっかりしていれば、それが何よりもあなたのスキルを雄弁に語るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です