アプリ開発で儲けるフリーランスエンジニア

フリーランスエンジニアの中には、スマホアプリの開発をして大金を稼いでいる人がいます。スマホアプリは、まだ今なら個人で作ることができます。将来的には個人では太刀打ちできない世界になると考えられていますが、まだまだ今なら個人で作成したビジネスアプリでもゲームアプリでも、ダウンロードランキング上位に載ることはできるのです。世界ランキングの上位に入っているアプリもありますし、数億円という利益を生み出す個人制作のアプリも存在はしています。

有料のアプリ開発を進めていけば、フリーランスエンジニアは正規雇用されている企業エンジニアよりも年収額がアップする可能性が高いです。個人で作った有料アプリなら、そこから生まれた利益はすべて自分の懐に入れることができるからです。ダウンロード時に数百円取るのもいいですし、ダウンロードは無料にして課金システムを組み込んで儲けを出すのも悪くはありません。どちらにしても、ランキング上位に入るぐらい人気が出れば億万長者になることも夢ではありません。つまり、フリーランスエンジニアは案外儲かる可能性の高い仕事になるわけです。

会社員よりもハイリスク・ハイリターンで、当たれば大きいです。フリーランスのエンジニアになる方法は、非常に簡単です。会社に所属をしているなら、辞表を提出して所属を離れればいいだけです。その時点ですでにフリーランスのエンジニアだといえるので、転職には何も難しいことはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です